申し訳ありませんが、まだデータがありません。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« May    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ダイビングの楽しみ方

海がめ

ダイビングの楽しみ方は、息継ぎなしでまるで魚のように水中を泳ぐことから生まれます。

深い場所にいる魚や、サンゴ、イソギンチャクなどを間近で見ることができます。静かに浮かんでいると、魚もだんだん安心して近くにやってくるからです。またダイビングをすることで、魚を上から見下ろすのではなく、同じ高さで泳いでいる姿を見ることができ、魚と目が合うという体験をすることができます。

このように、日常から離れた音のない世界で、色鮮やかな魚を見ながら時間を過ごすことができます。

気軽に楽しめるシュノーケリング
シュノーケリングはダイビングとは違いライセンスが不要なため、子供から大人まで誰でも気軽に楽しめます。ライフジャケットやウェットスーツを着るので泳げない人でも浮いてられるし、シュノーケルを付けることで海の中でも息ができ、フィンを付けることで簡単に進むことができます。

青の洞窟はとても人気のシュノーケルポイントです。洞窟の中には太陽の光が降り注いで真っ青な海、さらにはニモで有名なクマノミなどたくさんの魚を見て楽しめるでしょう。

シュノーケリングの概要

綺麗な魚

シュノーケリングは、シュノーケル、マスク、フィンの3点が装備であり、水面に浮かびながら海中などを見て楽しむマリンスポーツです。

水中に潜ることはなく、水面に浮かぶだけなので、子供から大人まで手軽にできますが、泳ぎが苦手な人はシュノーケリングベストを着用すると安全かつ安心して楽しむことができます。

沖縄であれば、ボートでとびきりのスポットに移動することができるので、初心者でもダイビングするのと同じ位に、青の洞窟など澄みきったマリンブルーを満喫することができます。

シュノーケリングの方法
シュノーケリングの方法は、海や川の比較的浅い所で専用眼鏡を付け、眼鏡についている管を口でくわえて酸素を取り入れ、泳ぎながら魚などを観察します。泳ぎに自信がない人は足ひれをつけることも可能です。また、酸素を確保している管が海や川から出す事が必要なため潜ることは殆どありません。

シュノーケリングは海の深いところにいる魚を見ることは出来ませんが、ダイビングのように酸素ボンベをつけたり、専用スーツを着るといった大掛かりなものではなく、水着のまま軽装で誰でも簡単に海や川遊びを楽しむ事ができます。

ダイビングの概要

静かな海

ダイビングとは、飛び込むことを意味しますが、主にスキューバダイビングを指すことが多いでしょう。

これは空気を詰めたタンクを使って潜水するものですが、同じようなものにシュノーケリングというものがあり、この二つの違いは、タンクやウエットスーツなどの道具を必要とするが必要としないかです。

日本では、沖縄にある青の洞窟が有名なスポットで、経験のない初心者であっても挑戦することができることから、レジャー観光として人気を博しています。

ダイビングの難易度
ダイビングは難しいと思われがちですが、意外と簡単に誰でも始められます。もちろん、事故につながらないように、インストラクターをつけるなど安全面に気を付ける必要がありますが、泳げないからといって、出来ないことはありません。

例えば、普段は泳げない人でも、酸素ボンベをつけ、フィンをつければ、恐怖感もなく、体力もなくならず、楽しんでダイビングが出来ます。それでも不安な人は、初めはシュノーケリングから入ると、恐怖感がより薄まるでしょう。